新入生へ

からくり工房I.Sysに興味を持ってくれてありがとうございます。

そしてここを見ていただいているということは、皆さんはロボットを作ってみたいと思っていることだと予想します。

ただロボットと言っても色々あります。有名なロボットコンテストとしては、学生ロボコンやRobo-Oneなどが知られていますが、残念ながらI.Sysではそれらを作っていません(もちろん自分で始める!という方も大歓迎です)。

 

私達が現在参加しているロボットコンテストはマイクロマウス、ロボトレース、自律型ロボット相撲の3競技です。

いづれもほとんどの場合1人で1台のロボットを製作しています。そのためハード・電気・ソフトの知識が満遍なく求められ、その中でも制御に重点が置かれています。

 

学生ロボコンは多くの場合、数人で役割が分担されています。

 

新入部員カリキュラム

からくり工房I.Sysの活動では電子工作とプログラミングの知識が必要です。

入部した新入生にはまず、ライントレースロボット「BIT」でプログラムの基礎を学んでもらいます。

BITとは

「Begining Isys Tracer」、略してBITとは、からくり工房I.Sysが製作した初心者用ライントレースロボットのことです。

マニュアルに沿って学習することで、C言語によるプログラミングとライントレースの基礎を学ぶことができます。

ですので、今までプログラミングをしたことがない、という方でも大丈夫です!


BIT学習後の流れ

大学祭でのBITを用いた1年生大会を終えたら、次は電子工作の基礎を学んでもらいます。

具体的にはユニバーサル基板を用いてトレースロボットもしくは相撲ロボットを作ってもらい、公式の地方大会に出場してもらいます。

 

もちろん、私たちが手助けしますので、初心者でも問題ありません。

ぜひ私たちと一緒にロボットを作りましょう!!